準備するものは?

利用した経験があると

アルバイトで多いのは飲食店やサービス業になってくると思います。
自分がこれからそれらを提供していくのに、知識が何もない状態ですと、採用された後に苦労することがあります。
そのお店を利用した経験があると、イメージを持ちやすいので、仕事を覚えるときに関連づけて覚えることで何もわからない人よりも仕事を覚えるのが早くできるでしょう。
また、何より「こういうサービスがあるとなおいいのに」という気付きを持つことができ、自分がいざ提供する側になる際に役に立つ場合が多いです。
もし、応募しようとしているアルバイト先について無知な場合は実際に一度は足を運んでスタッフの動きなどをみて、サービスを体感してみる下見をしておくといいでしょう。

職種に関連づきそうな経験談

アルバイトの志望動機って、掘り下げられると悩んでしまいますよね。
正直に言えば自分の空き時間で自由なお金を手に入れたい・・・と思って応募しただけという方も少なくはないでしょう。
ですが確実に履歴書には記入する欄がありますし、きっと面接をしてくれる方もきいてくるでしょう。その時にその職種に関連づけられるような経験談を一つ用意しておくと大変印象に残ります。
サービス業なら、ボランティアなどを通して人が喜んでくれることにやりがいを感じたこと、飲食店での厨房だったら。将来料理に携わる仕事を視野に入れている・・・などです。
そういうしっかりとしたビジョンを持っていることを伝えることで、採用後にすぐに辞めない人材であるという印象を与えることができ、採用につながりやすいでしょう。