印象が大事!面接で大切なこと

堂々とした姿勢で臨む

面接の最中ってどうしても緊張してしまい、意欲的に見せようと食い気味に相槌をうってしまったり、先走って返事をしてしまったりすることがあると思います。
フレッシュさが感じられるのでそんな初々しい姿で臨むのもいいですが、堂々とした凛とした態度で臨むことができるとよりよいでしょう。
堂々とした態度で受け答えをする姿勢を見せることができれば、物事をしっかりと考えて取り組めるような人材だとみられることが考えられます。そして質問などに対してゆっくり聞き取りやすいトーンで答えるなどができれば、面接官の印象に残りやすい=採用につながりやすい可能性が上がるということなのです。
ただ、フレッシュさを求める企業・落ち着きある人を求める企業など様々ですので、使い分けられるようになると最高でしょう。

沈黙を恐れ過ぎないこと

面接で沈黙してしまうと評価が下がるのではないかと恐れて、常にべらべらと言葉を連ねてしまう方もいると思います。
沈黙は何も悪いことではありません。面接官の方に質問されて、予想もしていなかった質問内容であった場合、難しいテーマを尋ねられた場合など、少し考える時間がほしい時ってありますよね。そういう場合は何も言わず沈黙するのではなく、素直に「少し考えるお時間を下さい」と断ってから考えて答える方が、印象はGOODだと思います。
面接官だって何も常に話し続けている人材を求めているわけではないのです。一言断りを入れるだけで今後も何か迷ったことがあれば質問をしっかりしてくれそうだとか、いい印象を残すことができるのです。
黙ってしまうことは悪いことではないと、自分を落ち着かせて冷静に落ち着いて面接に臨みましょう。