これで完璧!履歴書の書き方ポイント

全体を丁寧に作成しましょう

履歴書は自分を紹介するための分身とも言える書類です。そのため丁寧に作成するのが基本ですね。適当な作成方法ですと雑な人間と言っているようなものであり、そのような人材を欲しがるところはないはずです。
丁寧に作成するためにはまず一文字一文字を心を込めて書くのが基本と言えます。文字から人柄が伝わる部分もありますので、ゆっくり時間をかけて記入するようにしましょう。また、たとえ字があまり上手くない場合でも丁寧に書かれていることは伝わります。
写真の貼り方も大切ですね。基本はスペースに合わせてまっすぐに貼り付けることです。曲がっていたりするとツメが甘く見えてしまいますし、せっかく心を込めて記入しても仕上がりがいまいちになりますので細部にも気を配るようにしましょう。

空白欄を作らないように埋めていきましょう

自分を紹介するための書類ということもあり空白欄を作らないようにすることも大切ですね。スカスカの内容ですと人間として薄く見られてしまいますし、魅力も伝わりにくくなってしまいます。ですから記入できる部分は手抜きをせずに埋めるようにしましょう。
ただ時には何らかの理由でブランクがあるなどし、経歴部分に書けることがないこともあるかもしれません。そういった時にはブランクの理由を記入するか、尋ねられた時に答えられるようにしておくことが大切です。面接をする側からすればブランクの理由は気になるところであり、質問をされる可能性は高いですから対策をしておくに越したことはありません。
なお反対に書けることが多いようなら何でも詰め込むのではなく、優先準備の高いことから限定して記入し、雑多な内容にならないように気を付けましょう。